娘が家出しました 親としてどうする!そしてHelpme!家族論page6緊急記事

family

こんにちは

カニの身を取るのが面倒過ぎて

美味しさ半減する ししまいmkです

いきなりですが皆様はご家庭をお持ちでしょうか?

そしてお子様はいらっしゃいますか

我が家では女の子4人の娘がいるのですが

その内の一人が何と言いますか・・

お恥ずかしい話なんですが・・

その・・・

家出しました

なにーーー!

そして!その本人はこちら!!

言い訳と文句の神

こいつなんですぅーー!

家出 娘 何!

少女は夏に覚醒する

2023年8月

T子が夏休みに入り

髪を金髪に染めてきた頃ぐらいから

なにやら不穏な雲が我が家を覆い始める

夜の外出が増え 度々ママから叱られ

それに対する反抗も徐々に苛烈になってきた

ある晩T子が出かけようとすると

ママの怒号が飛ぶ!

ママ

こんな遅くから何処いくの💢!

T子

友達のとこよ!どこだっていいじゃん💢

ママ

その子の親と話すから連絡先教えなさい!

T子

ハァ!バカじゃないの💢

ママ

待ちなさい!こらぁ

待たんかぁーーい!!

・・・・・

そしてT子はいなくなった・・

展開

T子が家に帰ってこない

どうやら私の母 子供からの祖母

今後(ばあちゃんとする)の処にいるようだ

私達夫婦は1日2日ぐらいで帰ってくるだろうと

たかをくくっていたが

帰って来ん!!

いい加減しびれを切らしたママが電話で

ママ

いつまでそこに居るの!💢

お母さんにも迷惑でしょ!

言い訳ばっかりで一人じゃなにもできない!

結局お母さんに甘えてるじゃない!

T子

わかってます!じゃあね💢

(プープープー)

そしてT子はいなくなった・・

その後はと言うと

どうやら友達の所にころがりこんだらしい

(ばあちゃん情報)

中学の時の友達で

その友達が彼氏と借りて同棲している部屋らしい

そしてちょこちょこばあちゃん家に顔を出し

ご飯を食べたりしているらしい・・

そして学校には行っているらしい・・・

らしい・・・

全てばあちゃんからの情報である

私達夫婦がいくら電話しても出ないし

LINEも常未読であるので

ある意味 私達夫婦は無力であるのだ!

何故なぜの嵐

T子が通う高校は中の下ぐらいの公立高校である

特に風紀が乱れている様子もないし

ヤンキーなども全く見かけない

そして私達が住む地域はかなり治安も良く

生活環境の整った緑の多い平和な町であり

夫婦共働きの私達家族は

かなり裕福とはいかないが貧困でもない

酒とギャンブルに溺れるパパでも無いし

育児放棄のママでもない

児童虐待など無縁の家族である

なのに・・・

何故!そうなる!

T子が家を出て早1か月・・

下の3人の子供達もいるので

悩んでばかりもいかないが

私達夫婦はいつもT子の事を心配し

無事生活している事を祈りながら

心にポッカリ穴が開いている状態で

毎日をすごしている そんな現状・・




原因の考察

少し原因を考えてみた

結論を言うとそれはママとの確執かくしつである

恐らく今回の家出は一回の喧嘩が原因では無く

数年をかけて・・・・・蓄積したママへの苛立ちが

噴出したものだろう

(ここでママについての説明)

ママは子供達への愛情は太平洋ぐらい大きいが

少しルーズで気分屋の所がある

会社の飲み会があるとまず

日付が変わる前には帰ってこない

次の日1日寝ている

家事に関してもする時としない時の差が大きい

朝のお弁当も作ったり作らなかったり・・

おそらくそれらをここ数年で目にする事が多くなり

T子自身が持つ母親像とのギャップに苛立ち

少しずつ少しずつ

でも確実に不満が蓄積されていったと考えられる

私や下の子などはそういうママの生活態度をみても

「まぁまぁまぁ」ぐらいではあるが

T子にとっては

「しっかりしてよ」というのがあったのだろう

1度T子が夜の11時に帰って来て

ママに怒られたとき

「ママだって酔っぱらって」

「帰ってこないじゃん!」

と言っていた

おそらくパパが遅くても何も感じない

だがママが遅いと心配をして

それが怒りに変わるのだ!

そして

「そんなだらしないママに」

「いちいち文句いわれたくない!」

となるのであろう

これはママが良いとか悪いの話では無い

それほどT子にとって母親とは大きな存在であり

「母親とは」という思いが強かったという事だ

愛情故の苛立ちの蓄積である

パパ無力・・

そして

元々T子は少しわがままで幼稚な所があり

難しい子であるのも事実であります

子供の反抗期についてのレポートはコチラ

家出娘の親として

夫婦で話し そして出た答え

「何故」というのをひとまず置いておこう

そして取り合えず

生きていてくれれば良い

幸いな事にばあちゃんを通して 

T子の生活状態の情報は来る

学校もちゃんと行っているらしい

なので今私達夫婦が出来る事は

凛と立ちどっしり待つ

であります

と言うか今はそれしか無い・・

という生き物は自分の子供に対し

「ウチの子にかぎって」

と思うものである

ただそれは親の「理想」「願い」であり

「ウチの子にかぎって」というものは

親の勝手な幻想なのです

それも頭ではわかっています

理屈でわかってはいるが

それでもというのは

「ウチの子にかぎって」と思ってしまう

そんな悲しいそして愛深い生き物なのです

無償の愛ですね

何があっても家族

T子が大人になり家庭を持ちになった時

この「家出事件」を笑い話として話せる時が

きっと来るはずである

長い親子の歴史の中でこの家出の期間は

きっと些細な事なんだろう

そしてT子自身も親の傘が無い生活の中で

何か少しでも感じてくれればと思う(希望)

さぁて 来週ぐらいには帰ってくるかな?(希望)

帰ってきたら笑顔でこう言おう

「おかえり」

今回はわたくし事にお付き合いいただき

本当にありがとうございました

皆様のご家庭が愛と笑顔で溢れます様に

お祈りいたしまして

今回は結びといたします

お付き合い有難うございました

~ししまいmk~

【反抗期Tシャツ】~パンダ~

反抗期まるごと解決BOOK 単行本(ソフトカバー)

反抗期は信頼の証し:あなたの子育て成功です!: 反抗期のメカニズムを解説 (おきひろいブックス)




応援クリック求む
ブログランキング・にほんブログ村へ
profile
ししまいmk

     関西在住
  大人男子ホテル勤務25年
   →Taxiドライバー★
  妻と娘4人の6人家族
  ホテルという業種を離れ
    家族の大切さ
   そして愛おしさを
     あらためて
   感じる日々である
    ではごゆるりと
  (一応ワインソムリエ)

一応 やってるよ
family
貴方のSNSにてシェア!
一応 やってるよ
ししまいmk blog
タイトルとURLをコピーしました