家族の形と大切さをあらためて考える 家族論page1     

family

こんにちは

4姉妹のパパ ししまいmkです

わたくし冬が苦手でして

寒くて身体の免疫機能が下がり

体調が・・・

虚弱ね

ところで皆様はご結婚はされていますでしょうか?

また家庭はお持ちでしょうか

わたくしは幼少より親の元で育てられ

親や姉と一緒に生活をしてきましたが

子供の頃は

「家族」

というものを

当たり前すぎて

あまり意識し考えた事が無いように思えます

それがいざ自分が結婚をして子供が産まれると

リアル

「家族」という実感や重み・喜び・悩みなどが

ジワジワと湧き上がってきたのであります

家族を作る側の親の感覚と

初めから家族の中にいる子供の感覚は

同じ「家族」というものではあるが

少し違う種類なのかもしれませんね

そんな「家族」というものについて

今回は少し考えたいと思います

それでは

行ってみよー

みんな家族初心者

わたくし事で恐縮ではありますが

私と妻が結婚した6か月後に

第一子の女の子が産声を上げました

いわゆる授かり婚であります

その頃は夫婦ともまだ年も若く

夫婦としても初心者

親としても子育ても当然初心者でありました

子供が産まれるまでは

多少夫婦にすれ違いや意見の違いがあっても

新婚特有の新鮮さや新生活のワクワクで

揉み消されていたように思えます

そして子供が産まれてからが本当の

リアル家族生活

が始まったのであります

もちろん

もちろん赤ちゃんは可愛いし愛おしいが

妻の育児休暇が明け

職場復帰し子供を保育園に預けるようになった頃

まだ夫婦は知らなかった・・・

相手への理解

という

試練

二人を待ち受けている事を!

永遠の課題だね

夫婦とは一番身近な他人である

偉い人

そして

朝の準備・保育園への送り・仕事・お迎え・夕食の準備・掃除などなど

慌ただしい日々が始まったのですが

まだ私も若く

人として

夫として

父親として

本当に未熟であった為

自分中心に考え

行動し発言していた様に思います 

(あの頃はスミマセンでした)

若かったのね


そんな手探り状態の暮らしの中ではあったが

子供はそんな親のアタフタイガイガなど関係なく

着実にたくましく育っていったのであります

ですがそこには

間違いなく妻の頑張りがあったからこそである。

本当に有難うございます




子供と共に

次に親と子について見ていこう

初めは正直

自分が人の親になるなんて

そんな資格あるのだろうか

と考えていましたが

子供と過ごすうちに少しずつ解ってきたものは

「愛を持って楽に行け!」

である

「父親はお気楽でいいわね」

という声が聞こえてきそうだが・・・

私が思うに

「親としてこうあるべきである!」

が一番危険な様な気がします

考えるに子育てとは

先生と生徒

の様な関係ではなく

共に成長していく共同体なのです

そして

一年一年家族は一緒に齢を重ねていき

少しずつ親も親になっていくのだろう

また子供を見ているのと同時に

親も子供から見られている

そう

みらられている)のです

それを気付ければ

自分自身が人として親としてある程度

真っ直ぐ立ってられる様な気がいたします

子供はよく観ているよ

がんばるアナタへ

もしあなたが

育児のストレスで悩んでいるのなら

本当に勝手な意見だが

子共を育てるにあたり

その悩みは正解なのだと思う

それは誰もが初めは初心者であり

相手は人形ではなく

意思や自我のある生きた人間なのだから

初心者夫婦の

初心者のパパと

初心者のママが

まっさらな赤ん坊を

ゼロから育てる

あらためて書いてみると

なんて凄い事でしょうか

難易度高いよね

とは言え誰しも限界を感じる事もあるでしょう

決して一人で悩まず

親などに少し預けるや友人に相談

ひどければカウンセリングを受けるなど

自分以外に頼るのも大切です

解決策もその状況や人によりそれぞれでしょうが

まずは

まずは一歩引いてみよう

これから何十年と続く親子の歴史のうち

今、育児で悩んでいるのは

その何十分の一でしょうか

そして今何が一番大切かを

一歩引いてボンヤリでいいので考えましょう

おそらく現状は劇的に変わるのではなく

ゆっくりと変化していくものなので

すこし視点を変えてみてはいかがでしょうか

人は皆案外弱いもので

正面から悩みに立ち向かえる人は

なかなかいないものです

家族である時間は有限

思ったよりも

家族として一緒に過ごせる時間は短いのですよ!

そこのパパ!

そして男性(パパ)達に言いたい

(男は仕事だ)

(自分は家族の為に仕事を頑張っている)

と考える男性は多いのではないでしょか

また「仕事」をどこか自分の言い訳にして

家族としっかり向き合っていない旦那さんも

多いのではないでしょうか

わたくしも実際そうでした

そして

そのようになりがちに

なるのもわかります

もちろん豊な生活を望むうえで仕事を頑張るのは

大切な事の一つですが

仕事を頑張る最終のゴール

はどこでしょうか?

それは

生活の安定? お金?

いやゴールはその先です

頑張る最終の目的は

家族が笑顔になる為

であります

勘違いし仕事を優先しすぎて

家族の心の豊かさや絆を減らしてしまっては

本末転倒ですよね

育児・仕事・家事に追われる

忙しい生活の中ではありますが

限りある家族としての時間を意識できれば

当たり前に見ている

家族の景色が少し変わるはず

気付くかどうかだね

でももし奥様にこう言われたなら

「バリバリ仕事して稼いでこんかーい💢」

素直に聞き

鬼の様に働いて下さい・・

家族・そして時間の重み

家族のカタチに正解は無いのでしょう

それぞれ家庭の事情などもあるでしょう

またあえて

子供を持たない夫婦も私の周りにもいますが

それも一つの家族のカタチであると思います


ただ このファミリーブログにおいて

何度も出てくるだろうキーワードは

「有限」である

有限(ゆうげん・finite)

無限ではない事、限りがある事

ウィキp


仲の悪い夫婦も円満な家族も

愛おしい子供も

うまくいかない親子関係も

いつかは

お別れの時・・・・・

でもやって来ます

200年後には

この家族が存在していた事すら

誰の記憶にもないのでしょう

一つの家族が

家族としていられる

時間は

それほど

わずかなのです


そんな限られた家族としての時間を

陰陰と過ごすか 笑いあって過ごすかを

決めるのは

そう

自分自身であります

そして答えはもう

出たのではありませんか

見上げれば青空

さぁ頑張っていきましょう

家族として巡り合えた奇跡

(追記)

偉そうにアレコレ書いてまいりましたが

過去に私は自分勝手な行動により

妻を深く傷つけた事がありまして

今でも反省しております

ですがそれにより今まで見えなかった

家族の大切さを感じるようになりました

(でもスミマセンでした)💦

反省らサルでもできる

追記ついでにもう一つ

一人目の子供

いわゆる初産のとき

結構難産でありました

そのお産前に妻が個室のベットの上で

読んでいた小説がコチラ

新しい命が産まれる場所だよね

まさにソレ!

今から初めての赤ちゃんを産むママが

読む本じゃなぁ~い!

肝が据わっているのか

ぶっ飛んでいいるのか・・

そんなエピソード

さて今回は

「家族」についてお話をさせて頂きましたが

私自身も日々の生活に追われる中で

ふと大切な事を忘れがちになります

時折立ち止まって

家族の顔をまっすぐ観なくてはいけませんね。

それでは皆様のご家族が幸せで包まれますように

いい言葉

「No Rain, No Rainbow」

雨が降らなければ 虹は見えない

お付き合い有難うございました

~ししまいmk~

岩崎工業 イージーケア ランチボックス 2段 レンジ対応 食洗機対応

正和(Showa) 弁当箱 木目 BC ランチボックス Café de paris ピンク 1段 600ml

曲げわっぱ 小判弁当箱 桜 白木 漆器 杉 保湿 天然木製 おかず 天然木




 

今回の推しブログはコチラ

応援クリック求む
ブログランキング・にほんブログ村へ
profile
ししまいmk

     関西在住
  大人男子ホテル勤務25年
   →Taxiドライバー★
  妻と娘4人の6人家族
  ホテルという業種を離れ
    家族の大切さ
   そして愛おしさを
     あらためて
   感じる日々である
    ではごゆるりと
  (一応ワインソムリエ)

一応 やってるよ
family
貴方のSNSにてシェア!
一応 やってるよ
ししまいmk blog
タイトルとURLをコピーしました