続・娘が家出しました 家族の問題を考える あなたならどうする?

     PR  当サイトには 広告を含む場合がございます

family

こんにちは

大葉を大量に買っても

100%使い切れない事に気付いた

ししまいmkです

さて今回は以前ありました

「娘家出事件・少女は夏に覚醒する」

その後のレポートでございます

我が家の問題で

「誰が興味あるねん!」

とは思いますが

一応ここにご報告させて頂きます

それではどうぞ

結果

我が家には可愛い娘が

4人いるのですが

まず家出をした当の本人がこちら

T子が家を飛び出したのが

2023年の8月上旬

そこか約2カ月間もの間

姿を見せず

電話も出ず

その間は私の母

(娘からすると婆ちゃん)の家と友達の家を

行ったり来たりの生活だったようです

そして結論から言いますと

チョットだけ

そうチョットだけ帰ってきました

T子が家を出てから

ちょうど2カ月たったある日の夕方

私 夕食作り ママまだ仕事

次女のK子が携帯で誰かと話している

K子「うん分かった じゃあね」

K子「パパー」

「なにー」

「T子が冬服取に来るって」

「うぇ!」

変な返答をしてしまった

「あぁ そう わかった」

不覚にも少しドキドキしてきた自分

時計を見ると時刻は

18:00時

帰還

ちょうど私がキッチンで

鶏の胸肉をさばいていた時

玄関のドアがガチャリと開いた

T子だ

「ただいまー」 普通のトーンで

「おかえり」 普通を装い

T子「チョット冬服取に来た」

そう言って子供部屋のクローゼットや

物置の冬服ボックスを行ったり来たり

ゴソリ ゴソリ

いたって普通だ・・・・・・・

2カ月家を空けていたとは思えない程普通だ

それを横目に鶏胸肉をさばき続ける私

長い間一切音信不通だったT子

聞きたい事は山程ある

「なんで電話に出ない」

「いい加減帰ってきたら」

「どこに泊まっているの?」

「学校は行ってる?」

「ちゃんと食べているか?」

「元気でいるか?」

etc etc・・

親だもんね

だけど今は

野暮な事は聞かないと決めた

なんだかいつもの鶏胸肉がぼやけて見える

目ぼしい冬服の確保が終わったのか

T子「パパーもう行くわー」

「ちょっと待って」

私は袋にまとめた

食材やら缶詰やらお菓子やらをT子に渡す

T子「ありがとう」

T子「ママまだ仕事なんやね」

T子「ママがいる時また来るわ」

「おう ちゃんとご飯は食べろよ」

T子「わかった じゃあね」

こうして

2カ月ぶりの短い再開は

終了したのであった

T子が家を出てからというもの

私達夫婦は

いろいろな不安を

胸の奥に押し込みながら

下3人の子供には暗い顔は見せず

2カ月暮らしてきたのであります

家出当初は当然私達は〈怒り〉

それが

日を追うごとに〈不安〉に変わり

後半はもはや〈祈り〉の状態でした

それがこの短い再開ではありましたが

T子の

顔を見て

声を聴いて

いままでの不安や心配の重りが

すーと落ちる感じがしました

言い表すなら「安堵」

本当に思いました

「元気そうで良かった」

ママが帰ってきたらT子の伝言を伝えよう

潤む瞳が目に浮かぶ・・

あとこれも伝えないと

T子さぁ ちょっと

「ふっくらしていた!」

T子が来てから

なにやら次女(中2)のK子の機嫌が悪い

✔せっかくこの間綺麗にしたクローゼットがぐちゃぐちゃになった為

✔T子がママやパパに心配をかけ自分勝手にしているのに普通な態度の為

次女は次女で思う所があるのだろう・・

長女の代わりにしっかり

お姉ちゃんしてたもんね

夫婦喧嘩を考えるレポートはコチラ




その後

その後はと言うと

ちょくちょく帰ってきます

恐らくT子自身も何かキッカケを探し

悩んでいたのかもしれません

今ではたまにご宿泊もなされ

ママと買い物も行くようにもなりました

こないだ修学旅行があり

とても楽しそうだったT子

まるで何も無かったかの様に・・

帰って来る頻度はまちまちですが

私達夫婦も下の子3人も

それが普通になってきた感じであります

人は慣れる生き物

アーティフィシャルフラワー(造花)・フェイクグリーン専門店PRIMA(プリマ)オンライン

さて今回は我が家の

「続・娘の家出」

その後のご報告でしたが

子供というのは親が知らない間に

どんどん大人になって行きます

それに引き換えというものは

子供への接し方はなかなか変える事ができません

というか子供を一人の大人として認める

変換期がわからないのです

それぐらい子供の成長というのは

早いという事ですね

今回の長女の家出という経験は

子供に対する「親として」という事を

色々考えさせられる事件でありました

長女はもう17歳

へその緒を私が切り

始めて抱っこしたあの時から17年

ずっと横で寄り添って

成長をサポートしてまいりましたが

おそらく

もうそういう時期ではないのかもしれません

少し寂しい感じはするのですが

これからは

裏方に回り・・・・・

バックヤードから

全力で応援していきたいと思います

親も成長しなくちゃね

ほんとそうですね

それでは

あっという間に大人になる子供の成長を

余すことなく心に焼き付けると誓い

今回のレポートを結びといたします

お付き合い有難うございました

~ししまいmk~




応援クリック求む
ブログランキング・にほんブログ村へ
profile
ししまいmk

     関西在住
  大人男子ホテル勤務25年
   →Taxiドライバー★
  妻と娘4人の6人家族
  ホテルという業種を離れ
    家族の大切さ
   そして愛おしさを
     あらためて
   感じる日々である
    ではごゆるりと
  (一応ワインソムリエ)

一応 やってるよ
family
貴方のSNSにてシェア!
一応 やってるよ
タイトルとURLをコピーしました